通気性の重要性


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

薬医療用ウィッグの選択ポイントも様々ですが、大切なのは通気性と言われています。ウィッグというのは、簡単に言うとかつらのことです。テレビのコントや時代劇などで使用しているかつらとは異なり、ウィッグは髪の毛の部分だけで作られているのが特徴です。そのようなウィッグはオシャレとして良く利用されることが多いですが、医療用としての種類もいくつかあります。医療用に使用されている製品である医療用ウィッグは、ガン治療で使用する抗がん剤の副作用で、髪の毛が抜け落ちてしまったなど、髪の問題で悩んでいる患者さんたち向けの商品です。

これらウィッグは、男性はあまり使用することはありませんが、女性の場合にはよく利用されています。そして、製品を選ぶ際に問題になるのが通気性です。実際に使用している女性の中には、髪の毛が蒸れてしまうのを嫌う人が多いです。医療用のウィッグ自体、髪の毛がまとまっていること多いので、通気性はとても重要なポイントになります。通気性が悪い製品をそのまま使用してしまうと、髪の毛が蒸れ、傷んでしまう可能性があります。髪の毛を気にする女性は多いので、通気性は大丈夫なのか、しっかり確認することが大切です。これから使用する方は、良く確認しておきましょう。

 

推奨サイト・・・医療用ウィッグ通販≪REIZVOL≫
(高通気性ネットをしようしている医療用ウィッグです。)


市販ウィッグとの相違

 

ウイッグガンなどの病気治療で使用されている医療用ウィッグ、市販のウィッグと良く対比されますが、どのような相違があるのでしょうか。医療用のウィッグと市販されているウィッグ、それぞれ見ためにそう大きな違いはありません。そのため、形などの見ためだけで選択しても問題はないと言われています。しかし、ガン患者さんたちが使いやすい医療用ウィッグを見つけるため、専門店にまでわざわざ出向いて購入するのには大きな意味があるのです。

市販されているウィッグというのは、比較的安価な製品が多く、また、髪型やカラー、素材などの種類が多いので選びやすいというメリットがあります。また、これらオシャレ用のウィッグは大量生産が可能であり、比較的安価な人工毛を使用したものが多いです。そのため、頭皮をケアするアイテムなどは装備されていません。さらにサイズ調整ができないことから、通気性、機能性、柔軟性などの問題も出てきます。

このように市販のオシャレ用のウィッグは、医療用ウィッグと比べて様々な点が異なります。その中でも、多くの患者さんが重要視している、通気性が悪いというデメリットもありますので、選ぶ際は注意しておく必要があります。ウィッグを選ぶという時は、通気性の良いものを選定してください。